残念

昨日行われました
ボクシングの日本ウエルター級タイトルマッチ
中川大資選手対山川和風選手の試合は

10RTKO勝ちで中川選手のタイトル防衛と
なりました。

山川選手も終盤までポイントをリードしていたようですが
最後はチャンピョンの底力に押し切られてしまったようです。

彼のブログに「プロは結果が全て」と書かれていましたが
負けたからといって
これで終ったわけではありませんし
今までの努力が無になるわけではありません。

プロだからこそ経過も大事だと思います。
周りで応援して下さる方達は
リングの上での殴り合いだけを見に来るわけでは
ないはずです。

負けた日というのは
やがてくる勝つ日の始まりだと思います。
[PR]
by fukui-curry | 2009-12-06 09:38 | ボクシング


<< デフレと闘う 明日は >>