デビュー戦は

私がプロボクサーとしてデビューした日は昭和60年の12月の事です。その前にプロテストというものが
ありまして、そのテストは同じ年の4月にありました。
その日に一緒に4人が受験しまして、全員合格でした。

私を除く3人は次々とデビュー戦が決まっていったのですが、私だけが全然決まらず
10月の後半になってやっと決まりました。

試合が決まりましてとても嬉しかったのですが、その前に一つ難関がありました。
当時、私の所属していましたジムでは、ファイトマネーが自分の出場する試合のチケットで
支払われるという事がほとんどでした。
4回戦の場合は3千円のチケットを34枚貰います。
そして、そのチケットを自分で売って御金に換える訳です。
で、その中からマネージャー料と健康保険料として1万8千円をジムに支払います。
この金額は一生忘れないんじゃないかと思います。

東京出身の人達なら家族、親戚、友人などに買って頂くという事も出来ますが
私のような地方出身者には本当に大変なことでした。

東京に行ってある程度期間が経っていれば、まだ友人も多少は出来たかもしれませんが東京に
行って一年あまりで、しかも、ジムと仕事場の往復だけの生活ですから友人もそれ程出来る訳もなく
チケットの販売には本当に苦労しました。

今になって考えればいい勉強をさせてもらったなと思います。

試合については、また日を改めて続けたいと思います。
[PR]
by fukui-curry | 2009-03-03 15:43 | ボクシング


<< デビュー戦 2 18年前の今日は >>