今日も顎が痛いです。

今日も相変わらず、顎が痛いです。しっかりと物が噛めませんので、味がよく判りません。
幸いな事に、今日はガスの転換工事の為、ガスを使用した仕事が出来ない為、電気オーブンを
使って、ケーキを焼いたり、確定申告の計算をしてました。

冷凍カレーの販売が主体ですが、実はこっそりとケーキも販売しております。
低温でじっくりと焼きました、チョコレートケーキが好評です。
例年ですと、バレンタインデーの時期はそれなりに御注文を頂くのですが、今年は
新作のカレーの販売に力を入れてましたので、それ程、販促活動もしなかった為
御注文はほとんどありませんでした。
そんな訳で今年のバレンタインデーはチョコレートを貰う事もなく
チョコレートケーキを焼く事もないバレンタインデーでした。

しかし、今でこそ女性と無縁の生活をしておりますが、20年ほど前、現役のプロボクサー時代は
バレンタインデーといえば当時、所属しておりましたジムにチョコレートが郵送されて来ました。
本当です、嘘ではありません。
でも、証拠はありません。

試合の時は、花束を持って何人か女性ファンが応援に来てくれてました。
本当です、嘘ではありません。
こちらは証拠のビデオがありますので、御覧になりたい方は
豊橋まで見に来てください。

今年のバレンタインデーは男性から女性にチョコレートを贈る、逆チョコが流行ったようですが
ホワイトデーでは、女性から男性にクッキーを贈る逆クッキーはないですかね。

たまには、人の作った御菓子が食べたくなります。
ちょっとだけ、期待してみます。
[PR]
# by fukui-curry | 2009-02-25 21:09

顎が痛いです

私が指導に行っています、ジムの選手が3月の後半に試合に出場します。
その為、私がスパーリングの相手をしているのですが
この頃、不用意にパンチをもらってしまいます。
体力はあるつもりでも、集中力が無くなっているようです。

左フックをもらったようで
右側の顎が痛くて、口が大きく開きません。
まいりました。

明日の朝、直っている事を祈ります。
[PR]
# by fukui-curry | 2009-02-24 20:53 | ボクシング

一隅をも照らす

随分、前に読んだ本に住友本社の常務理事を務めておられた田中良雄さんという方の
散文詩が出ておりました。
照干一隅という言葉を改良して作られたという事でした。
「一隅を照らすもので私はありたい、私の受け持つ一隅がどんなに小さいみじめな、はかないもので
あってもわるびれず、ひるまず、いつもほのかに照らしていきたい」
という散文詩で、とてもいい詩だと思いました。

私はテレビをほとんど見ないので、時間の空いたときは大抵、本を読んでおります。
といいまして、元々、知的な人間ではありませんので、そんなに難しい本を読んでいる訳では
ありません。
そんな話を御客様に致しますと、色々な本を頂く事があります。
先日、ある御客様から、「是非、読んで下さい」という事で
かなり高価でとても難しい本をセットで頂きました。

難しい言葉もたくさん出てくるのですが、それ以前に、出てくる漢字が難しくて
少しづつ、調べながら、読んでました。

その本のなかに、こんな事が書かれていました。

「一隅を照らすのではない、一隅をも照らすである。光の届くところはもちろんの事、届きにくい
隅から隅まで大悲の光で照らす事である。あきらめず、徹底的にやる決意の表明である。
何遍生まれ変わってもやるぞという徹底した意気込みのあらわれが一隅をも照らすである。」

どちらが正しいとか、そういう事は私にはわかりませんが
徹底的にやるという決意は無くさないようにしたいと思います。
[PR]
# by fukui-curry | 2009-02-23 00:10

誰かは見ています

掃除をする時は気合を入れてやりましょう。
いたるところを隅から隅まで
汗をかくまで磨きましょう。
手の皮がむけるまで磨きましょう。

掃除をしている姿を絶対に誰かが見ています。

手抜きをせずに魂を込めて磨きましょう。
[PR]
# by fukui-curry | 2009-02-21 19:09

夢菓子工房 ことよ

先週の木曜日に三重県四日市市にあります、「夢菓子工房 ことよ」さんに行って来ました。この御店の事を御紹介してくれましたのは、雑穀の伝道師、Оさんでした。Оさんからは「福井さんにそっくりです」という御話でした。

私にそっくりと言いますと、大抵はさわやかでとても感じのいい人が多いのですが(私がそういう人だと
言ってる訳ではありません)極まれに、この人がそっくりと言うのはちょっと違うんではないですかと
言いたくなる強烈な方が現れる事もあります。

事前に御電話を、という事でしたので、電話を入れたところ、店主の岡本さんの声を聞きまして
その声から、真直ぐに、真っ当に生きているという事が伝わってまいりましたので安心して
伺って来ました。

当日はわざわざ、駅まで迎えに来て頂き、その後、一緒に食事をしてから御店のほうに伺いました。
食事中、そして御店での会話から、この人は本当に和菓子が好きなんだという事がひしひしと
伝わって来ました。

御店のほうも、清潔感に溢れてとても綺麗で、従業員の方達も皆さん、明るくさわやかで
そして、御客様も大勢みえていらして、素晴らしい御店でした。

うちのような「粗にして、野だが、金も無い」というところとは正反対です。

ここのところ、飲食業界、およびその周辺で働いている方々から、気分の悪くなるような
話ばかりを聞かされておりましたので、本当に心が洗われる様な、そんな一日でした。

今回は、和菓子をそれ程頂いてこなかったのですが、次回、御伺いした時に、たくさん頂いて来まして
その感想を詳しく書かせて頂こうと思っております。

岡本さん、これからもどうか宜しく御願い申し上げます。

Yahooブログ!和菓子職人というブログが「ことよ」さんのブログです
是非とも、御覧になって下さいませ。
[PR]
# by fukui-curry | 2009-02-20 19:38