緊急アクション「検察はタオルを投げろ!」

緊急アクション「検察はタオルを投げろ!」
いよいよ東京高裁の決定
4年前、静岡地裁は無実の死刑囚・袴田巖さんの再審開始を認め、袴田さんは実に約48年ぶりに釈放されました。しかし、検察が即時抗告したため、再審開始は棚上げにされてしまいました。そうした中、いよいよ6月11日、東京高裁が再審を認めるかどうかの決定を出すことになりました。しかし、仮に東京高裁が再審を認めても、検察がさらに異議を唱えて最高裁に特別抗告した場合、再審開始は再び棚上げになってしまいます。

 袴田さんはすでに82歳、姉の袴田ひで子さんも85歳です。生きて雪冤を果たすためには一刻の猶予もありません。そこで、かつてプロボクサーだった袴田さんを長年支援してきた日本プロボクシング協会は、一日も早い再審開始のため、緊急アクション「検察はタオルを投げろ!」を立ち上げました。検察の特別抗告を阻止するため、皆様、是非ご賛同下さい

東京高裁が検察の即時抗告を棄却して再審開始を認めた場合、上川法務大臣には、検察が特別抗告しないよう検事総長を指揮することを、また、西川検事総長と稲田東京高検検事長には、特別抗告を断念することを強く求めます。
上川法務大臣への要請署名に、御協力頂けましたら、幸いでございます。
大変申し訳ないのですが、署名用紙は下記写真をA4サイズにプリントをして
、御使用頂けましたら、幸いでございます。御手数をお掛け致しますが、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
また、電子署名は、こちらからお願いを申し上げます。
http://chn.ge/2GQYIom

d0104328_09202440.jpg




[PR]
by fukui-curry | 2018-05-22 09:21 | ボクシング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuicurry.exblog.jp/tb/26815592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Girls boxing ex... オレンジページCooking2... >>